コラムColumnコラム Column

2017.10.31

日本文明の歴史的ミッションと、世界がひとつになるパラダイムシフト

 
「なぜ盧さんは、世界を救う突破口は日本だというのですか」という質問を、日本の方からよく受けます。確かに、
韓国人が確信を持って日本の価値や可能性を語るので、一般的には不思議に映ると思います。

21年前、私は日本の福岡で宇宙(世界)の根源を発見し、心人間として生まれ変わる第二の誕生を経験しました。
それと同時に、500万年間人類が突破できなかった本質的な限界を突破し、この時代の絶望を解決するために準備されているのが、日本文明だという深い確信を得たのです。

 

韓国人で日本語もつたない私が、この時代における日本の使命を「ジャパン・ミッション(Japan Mission)」として語り続け、多くの方々に聞いて頂けるようになったのも、私自身が認識革命を通して日本文明の底力の偉大さ、荘厳さ、美しさに出会ったことが出発です。
それは偶然ではなく、日本の真理の魂に道具として呼ばれたのだと感じています。

そして、国家や民族や宗教の壁を越えて、世界がひとつの新しい地球共同体へと平和的に結ばれていく希望の道は、日本文明の底力の大爆発を通して、
西洋のルネサンスに続く東洋発の「ネクスト・ルネサンス」を具現化することであり、唯一その道しか残されていないと確信するようになりました。

 

日本の目覚めが起きるためには、日本人一人ひとりが、日本文明の底力に対するプライドと自信を回復することが絶対条件であり、
尊厳とつながった無限の可能性そのもののアイデンティティになることで初めて可能となるものです。

それは、3次元立体スクリーンである「現実の外」「宇宙の外」へ出る認識革命を通して、第二の誕生を成し遂げたときに初めて、日本文明の本当の偉大さ、荘厳さ、美しさ、そして無限の可能性に確信を持つことができるようになるからです。

 

日本は、平和国家を具現化する精神意志を持っている集団であり、未来の希望の種です。

真理から観たとき、日本文明のソフトで力強いエネルギーは、日本だけの価値ではなく、人類の宝といえます。

今の時代は、世界が一つの運命共同体で、世界全体がひとつになって、共にこの現代文明の危機を突破しなければならないので、そのエネルギーをWin-Win・All-Winの普遍文明をリードするために使ってほしいと思っています。

これからは、今の時代の危機をチャンスに、絶望を希望に大反転させる日本文明の歴史的ミッションを、加速度的に現実化していく時です。

日本文明の底力が目覚め、メタ認識を土台にした新しい経済成長モデルをつくっていく日本のリーダーシップを発揮したとき、アジアの団結はもちろん、
世界人類がひとつになって普遍文明を胎動させていくパラダイムシフトを起こしていくでしょう。

Noh Jesu