コラムColumnコラム Column

2018.04.20

AIと共存共栄する道を切り拓く、All Zero(オールゼロ)化感覚とは?

 
この相対世界のすべては変化・運動・移動していて、変化せずに固定しているものは一つもありません。これは仏教でいう「不生不滅」「諸行無常」「諸法無我」という言葉に象徴される悟りの世界に通じます。

人間の身体のすべての細胞は、細胞分裂と再生を絶えず繰り返し、身体の動的平衡を維持しながら、ダイナミックな力動のかたまりとして常に変化し続けています。超スピードで宇宙の中と外を循環する運動そのもので、固定した形は0.0000000001秒すらも存在できないのが、真実の人間の姿なのです。

しかし、体の細胞が入れ替わっても、古い固定観念やイメージをなかなか入れ変えることができないのが人間です。

人間の苦しみの原因は、一度入ったイメージを消すことができず、執着してしまうことです。その中でも、「この体が自分」という存在イメージで認識してしまうエゴ意識は、とても強い執着、愛着をもってしまうので、すべての不幸の根本原因になります。

エゴ意識の観点に固定されている状態でいくら幸せになろうとしても、思い通りにはいかず、四苦八苦の問題を解決することはできません。

 

人類のこの本質的限界を突破するためには、仏教でいう「空(くう)」と「色(しき)」の世界を融合し、すべての差・違いを取る「差取り=悟り」を通して、四苦八苦を生みだす観点の問題を根本から解決することが大切です。

より具体的にいうと、今まで絶対に有ると思っていた「人間(自分)」と「人間(自分)の宇宙」が、実は5感覚の観点による錯覚現象であることを理解すること、そして、脳の観点を解いて、「人間(自分)」と「人間(自分)の宇宙」は実在しないことを理解し、すべてのイメージをゼロ化する新しい感覚を身に付けることです。

その感覚は、「時間がある・空間がある・存在がある」と思い込んでしまう脳の認識のスピードにつかまらない、つまり時間がかからない「ウルトラスピード感覚」であり、すべてのイメージを消す「AllZero(オールゼロ)化感覚」です。

この新しい感覚を付けることで、5感覚の錯覚である存在イメージや因果にとらわれない不動心を得ることができるのです。

 

本当の自分は、体ではなく心です。そのアイデンティティを、認識技術では「心人間」と言っています。

心人間は、宇宙すべてを創造し破壊し続けている力そのものになって、常に今ここスッキリした状態で、すべての存在を神秘、奇跡で観ることができます。

これからのAI時代は、存在イメージや因果で見る5感覚ではなく、時間がかからないウルトラスピード感覚・All Zero化感覚が必須になるのは間違いないでしょう。存在・因果の世界を統制する能力は、AIの方が人間より遥かに優れているからです。

 

NRグル―プは、「イメージ言語」という新しい言語によって「心とは何か」を明確に規定し、最先端の数学・物理学とも矛盾なく疎通できる教育体系を完成させ、体人間から心人間へ変化することができる認識技術を生み出しました。

日常生活や仕事で、イメージ言語を活用して5感覚の認識習慣からAll Zero化感覚の認識習慣へ転換させる認識のトレーニングをすることで、今ここ常にスッキリ、ワクワクの心で生きるライフスタイルを習慣化することができます。そして、人間関係や組織の悩みも、根本から解決することができます。

さらに、これまでの認識領域や思考範囲を遥かに超えた、広大な無意識空間の開発開拓が一気に広がり、急速に進化していくAIとの共存共栄の道を切り拓くことができるようになるのです。これは、新しい経済大陸の開発開拓に繋がります。

新しい生き方、新しい働き方、新しい地域のあり方が求められるこれからのAI時代に、認識技術が貢献できるよう、今後も更にコンテンツを進化させ、日本全国に展開してまいりたいと思います。
 
Noh Jesu