– 令和哲学とは –

科学が過剰なほどAI(人工知能)の進化発達を追求し続けた結果、いま、「意識」と「知能」は大きく分離が起きています。そして、AIが人間以上に大活躍し、AI主導のライフスタイル時代が目前に来ています。

意識と知能のアンバランスが起きたとき、人間はどうなるでしょうか。
存在意義や生きる目的・意味・価値を喪失し、アイデンティティの危機、尊厳の危機に直面すると同時に、多くの無用者階級が生まれる危機に直面するでしょう。

このような時代的危機を解決するために、nTech(認識技術)では、人間一人ひとりの意識のビックバン(大爆発)を起こすことを通して、心と脳の関係、絶対世界と相対世界の関係を明確に説明・理解可能にし、人類が500万年間開発してきた物質文明のあらゆる知識の大統合を可能にする新しい教育を「世界基軸教育」として提案しています。

また、nTechを土台にした令和哲学は、宇宙自然の中で一番自然な動き「源泉的動き」の秘密を明らかにし、エネルギーのアルゴリズムの構造と物質のアナログ運動方程式との関係性を明らかにするプログラミング思考を提供しています。
それらを通して、「Personal Computer」の時代から、宇宙コンピューターを一人ひとりが理解・説明・統制・予測・期待可能になる「Personal Universe」の時代へ、認識革命を導いていきます。そして、今までの技術の進化発展の次元を超えて、物質文明から精神文明へのパラダイムシフトを起こす哲学の進化発展を、この時代の人々に提供していきます。

令和哲学の創始者であるNoh Jesu(ノ・ジェス)は、これまで25年間、次元上昇した哲学を具現化する実践モデルである完全集団「トーラス組織」の創建を目的とする「英雄産業(メタ産業)」を誕生させることができる場所は日本であることを、「Japan Mission・Japan Dream・Japan Miracle」として提唱し、実践し続けてきました。
これからも、日本から全世界へ向けて世界基軸教育を発信し、今まで人類が経験したことのない美しい組織システムを誕生させる実践に日々邁進していきます。