コラムColumnコラム Column

2017.07.31

“今ここ”を美しく観る認識の成功が、大きな成功のライフスタイルにつながる

今までは、「宇宙が実在する」という大前提の認識の土台の物質文明の中で、いかに良い家、良い車、良いパートナー、良い商品を所有するかが幸せ、成功の基準だったといえます。

しかし、宇宙の構成要素を物質で見る物質文明の時代は、もう終わります。これからは、自分が認識している宇宙は絶対的に実在するものではない、ということがあたり前になる精神文明・心の時代になり、所有の価値ではなく、本質深い認識の価値が最も高くなります。

その意味は、今この瞬間に、すべてと美しい出会いができる「認識の成功」を獲得することができるかどうかが、これからの精神文明・心の時代の成功の最小単位になるということです。

 

人生は、“今ここ”、この瞬間の積み重ねですから、“今ここ”一秒の小さな認識の成功の積み重ねが、一日の成功、一週間の成功、一年の成功になり、大きな成功を享受するライフスタイルの獲得につながるのです。

成功人生を送るためには、“今ここ”、1秒よりも短い0.0000000001秒の瞬間を、どう認識するのかが勝負です。その認識活動の積み重ねによって、この世界をどう認識するのかが決まり、どのように考え、意思決定して行動するのかの蓄積によって、人生が決定されていきます。

ですから、すべての土台の基本活動となる「この世界をどのように観るのか」という、出発の認識活動を最重要の基準軸にさせる必要があるのです。

今ここの「認識の成功」がない状態では、たとえ見える形の成功を得たとしたとしても、ストレスやプレッシャー、孤独から逃れることはできないので、現象や条件の変化に必ずつぶされてしまいます。

 

人間はこの世に生まれてからずっと、自分が何を探しているのかわからないまま、何かを探し続けています。人間誰もが心の一番奥深くで懇切に探しているもの、それはすべての出会いを美しい出会いに昇華することができるツールなのです。

今ここ、目の前のどんな場面も、どんな風景も、どんな出来事も、すべてを美しく観ることができるツールを探し求めているのが人間精神の本質なのです。

 

では、すべてを美しく観ることができる“今ここ”の認識の成功は、どのように獲得できるのでしょうか。
それは、思い込み・錯覚の自分の宇宙の外へ出て、無から有を生み出している本来の心であるオリジナルマインドそのものになって、今ここを観ることです。雑念がある状態で、肉眼の目を使って目の前の現実と出会っても、美しい出会いは起きず、新鮮さをまったく感じられないマンネリの出会いになってしまうため、気づきも感動もクリエイティブな発想も生まれないのです。

これからの精神文明・心の時代は、今ここの多様な出会いを美しく認識できるツール・技術を持っているかどうかが、幸せや成功を決定する最も重要な要素になります。

しかし、理論や方程式を暗記させることが中心の既存の学術の教育では、覚えた知識をいつか使うために蓄積するレベルに留まっているので、知識がどんなに増えても、今ここ、美しい真理の花を観ることができる智慧になっていないという、本質的な限界があります。

その学術の限界を補って、「自分」と「自分の宇宙」を完璧にオールゼロ化した客観的絶対世界・オリジナルマインドから、常に、今ここ、すべての現実・現象を美しく認識し、成功のライフスタイルへ転換できる新しいツールが、認識技術「観術」なのです。

Noh Jesu