コラムColumnコラム Column

2010.03.12

ご来場いただいた皆様へメッセージ

去る2010年3月6日(土)、東京九段会館にて「始まる!JAPAN DREAM時代 Noh Jesu講演会」が行われました。当日はあいにくの小雨にもかかわらず、1000人を超える方々にご来場いただき大成功を収めることができました。誠にありがとうございました。
以下はNoh Jesuよりメッセージです。

■Noh Jesuより、ご来場いただいた皆様へメッセージ

3月6日、東京九段会館にお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。無名の韓国人が語るJAPAN MISSION、JAPAN DREAMに多くの日本人の方々が関心を持ち、お集まりくださったこと、心より感謝申し上げます。

地球規模で様々な問題が多発しているカオスの時代の今、どの国のリーダーシップも、そして、どの企業のリーダーシップも、未来の指針を明確に示すことができず、世界は混迷を極めています。

そのような現実の中で、「世界を救うことができる唯一の希望の種は日本」というメッセージを14年間日本人に訴え続けてきた理由は、世界でも類まれな日本人の精神性にあります。

日本人の心の繊細さ、わびさび美学、和の文化、思いやり、気配りなど、当の日本人でさえ気づいていない日本の素晴らしさはたくさんあります。その日本の精神性こそ、今の世界の様々な問題を解決できる鍵であると私は確信しています。

今回の講演会でお伝えした「観点の次元上昇」は、日本人が本来持っている良さを無限大引き出すことができる新しい認識テクノロジーです。

この認識テクノロジーの具体的な内容は、私が代表を務めるNR JAPAN株式会社の核となる教育商品として提供しています。こちらにもぜひ関心を持っていただければ幸いです。

マイクロソフト社のオペレーティングシステム(OS)をはじめとしたアメリカのIT技術が、アメリカ経済、そして全世界の経済活性化の起爆剤となったように、私はこの認識テクノロジーが日本の新しい雇用創出や景気活性化の起爆剤となり、さらに日本発の新しい憧れ産業として世界経済にも大きく貢献できることを確信しています。

今まで人間がやってきた仕事をロボットが代行するようになるこれからの時代、人の心を悟らせる「認識産業」こそが、ロボットが真似できない「人間ならではの仕事」として全世界の人たちが取り組むメジャー産業になるでしょう。

ぜひ日本の皆さんとともに、感性の大爆発が起きる感動社会を創建していきたいと切に願っております。

最後に、雨の中お越し頂いた皆様、本当にありがとうございました。

NR JAPAN株式会社 代表取締役Noh Jesu