コラムColumnコラム Column

2016.02.28

雇用なき成長を突破する人類の新しいライフスタイルをつくるために

私たちは混乱と危機の時代に生きています。
世界経済をみたとき、雇用なき成長モデルの寿命はもう終わりを迎えています。
このことは、中国経済の沈滞、石油価格の下落が生み出す石油関連のエネルギー企業の危機、株価の下落、通貨蒸発、少子高齢化などの問題をみれば明らかです。
生産人口が減少する中、離婚率は増大し、失業率もどんどん上昇しています。
科学技術が発達し、イノベーション(革新)が起きれば起きるほど、また、人工知能やロボットが増えれば増えるほど、人間の仕事場や人間の存在意味が消えていく社会になっているのです。
第二次世界大戦以降、自由主義と共産主義によってつくられてきたライフスタイルは、宗教的ライフスタイルと科学的ライフスタイルが混在しているものです。しかし、そのようなライフスタイルは限界が来ていて、希望の未来を期待できるとは到底言えないでしょう。
つまり、古いライフスタイルが消滅していくのに、新しいライフスタイルが見えてこないことが、この時代の危機の本質なのです。

宗教的根本主義と国際テロリズムの問題も含め、環境破壊、生産人口の減少、仕事場の減少を解決できる新しい突破口は、どのようにつくられていくのでしょうか。

NRグループは、歴史初の「デジタルの悟り」を土台にした「集団の悟り」を創出する技術を20年かけて開発してきました。
そして、「1→2・1→5(陰陽五行)」「無→有」が生まれる仕組み、
「境界線がない世界から境界線が生まれる」仕組み、
「観点がない世界から観点が生まれる」仕組み
を明白にイメージ及び認識できる教育を通して、集団の意思決定能力を上げることに成功しました。
集団の可能性や熱情、才能、力、勇気を破壊してしまう根本原因を明確に診断し、そこに対する処方を提供できるのが、観術の悟りの差別性でもあります。

この時代の危機の本質は、社会が育ててきた一人ひとり個人の知性が成熟の時期に入り、個人が社会のために生きなければならない時が来ているのにもかかわらず、個人のエゴ欲求を満たすために、自分の考えや感情、言葉、行動、人間関係を使っていることでもあります。
ですから私たち一人ひとりが、この時代、この社会が願っている美しい仕事、意味価値のある仕事を探し、それらを一所懸命実践することで、時代の危機が解決されていくのです。

では、どうすれば時代、社会が願っている価値ある美しい仕事ができるのでしょうか。
この時代、この社会が切実に必要とする仕事とは、どんな仕事なのでしょうか。

人間一人ひとりの無限の可能性を大爆発させる認識技術を活用し、人々を教育するメタ知識・メタ教育を提供する仕事こそ、この時代、この社会が願う仕事ではないでしょうか。

NRグループは、「Needs Revolution」の必要性を訴えています。
今までが、お金や力の欲望がリードしてきた歴史だとすれば、これからは真理の欲望がリードする歴史だと言えるでしょう。

古いライフスタイルから新しいライフスタイルへのパラダイム転換を起こすために、「人間とは何か」という人間に対する再規定を行い、人間一人ひとりが真理そのものの人間、無限の可能性そのもので生きることができる教育革命を起こすことを、観術教育は目的としています。

Noh Jesu